エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
BOYFRIEND、ファンと成し遂げた“SEVENTH MISSION”コンプリート
e0197970_2347127.jpg
5月29日に待望の日本1stアルバム『SEVENTH MISSION』をリリースしたばかりのBOYFRIEND。このアルバムを引っさげて行なわれた単独ライヴ【BOYFRIEND LOVE COMMUNICATION 2013-SEVENTH MISSION-】は、東京、大阪・全4公演で計13,000人を動員し、彼らの不動の人気を印象付けた。

今回のライヴのコンセプトはもちろん、1stアルバムと同じく“スパイ”。サーチライトと警報音がオープニングを告げ、ステージセットの中央のヴィジョンにアタッシュケースを狙う敵から逃れながらも敵のPCサーバーに侵入し挑発する彼らの姿が映し出されるや、会場は総立ち。そして「捕まえてみな」の文字と共に、今回のアルバムのコンセプト曲でもある「CODE NAME;SPY GET LOVE」に合わせて黒いトレンチコートを身にまとったメンバーが登場すると、数えきれないほどの歓声があがった。スパイをイメージしたクールな楽曲と振り付けで今までにない大人の色気すらも感じさせ、セクシーでカッコいい一面を魅せた彼ら。BOYFRIENDの魅力をまた一つ新たに発見するオープニングとなった。

その後も「SEVENTH MISSION」収録曲を中心に、キレのあるダンスや、まるで彼女に語りかけるような甘いヴォイスで熱唱するラブソングで、会場を埋め尽くしたファンを熱気と興奮の渦に包み込んだ。さらに、日本初披露となる「I YAH」、5月28日に韓国でデジタル配信したばかりの新曲「ON&ON」など、日韓の最新曲を惜しげもなく披露し、ファンには大満足のセットリストとなったに違いない。

そして、7月6日から全国の映画館で上映される初主演映画『GOGO♂イケメン5』の予告編をステージ上のヴィジョンで初披露。さらに、BOYFRIEND自身が歌う主題歌「恋の魔法」、エンディングテーマ「Beautiful Life」を続けて披露するなど、映画への期待感もよりいっそう高めた。

また、今回のコンセプトにちなんで、全国で掲示されているポスターおよび街頭看板、CD封入のミッションカードにAR機能を取り入れ、ライヴにつながるミッションをファンに事前提示。メンバーと同じコスプレをして来場したり、持参した赤いバラをメンバーに差し出したりと、課された様々なミッションを会場中でファンが遂行し、ライヴをさらに盛り上げた。

そして、ライヴ中に遂行された「SEVENTH MISSION」=7つ目のミッションは、メンバー6人+1人=7人目のメンバーであるファンとがお互いをより身近に感じ、一体となって楽しむというもの。2階席、3階席にまでメンバーが足を運び、ファンと直接触れ合うことで、見事7つ目のミッションを達成し、ステージを成功させた。

アルバム、ライヴを通して様々なミッションをファンと一緒に達成し、一体感を共有してきた彼ら。全国24ヶ所の映画館でリアルタイムに中継上映された、この6月2日(日)の大阪・オリックス劇場の最終公演では、アンコールで感極まったクァンミンとヨンミンからメンバー、そしてファンへと伝わっていった涙が、さらに深まったBOYFRIENDとファンとの絆を感じさせた。
e0197970_23473216.jpg
e0197970_23481465.jpg
e0197970_23484015.jpg
e0197970_23492195.jpg
e0197970_23494375.jpg
e0197970_0203226.jpg
e0197970_2350083.jpg

⇒BOYFRIEND オフィシャルサイト

e0197970_23534980.jpg
★エキサイトアーティストモール公式Twitter★
フォローなう!
【URL】http://twitter.com/artistmall/


[PR]
# by ex_musicmall | 2013-06-03 23:51 | ライヴレポート
ファンモン解散!東京ドームのラストライヴで最後の激アツメッセージを10万人へ
e0197970_18183715.jpg
6月1日、2日に10万人を動員した東京ドーム公演をもって人気絶頂の中、FUNKY MONKEY BABYSが結成から10年間の活動に終止符を打った。

昨年11月末に発表された衝撃の“解散”宣言は各メディアがこぞってトップニュースとして取り上げ、社会現象とまでなったが、その“解散”宣言から約6ヶ月後の昨日6月2日(日)、最後のライヴが東京ドームで行なわれた。

オープニングは、もはやファンモンの歴史の全てが分かると言っても過言ではないファンモンバイブルソング「WE ARE FUNKY MONKEY BABYS」でライヴがスタート。しょっぱなからの会場全体の一体感は、ファンモンとBABYS(ファンモンファン=BABYS)がお互いに呼応しあい、高め合うように、そして“解散”という事実がまるで無かったことのような盛り上がりで5万人(両日10万人)のBABYSが熱狂の渦に包まれていった。

曲間のMCでファンキー加藤が「皆さんの笑顔に導かれて僕らは今日東京ドームのステージに立てました」と話したように、5万人の笑顔で埋め尽くされた会場は実に彼ららしいステージとなり、約4時間のラストステージは全25曲を全身全霊で熱唱した。

大ヒット曲「あとひとつ」や「ヒーロー」、一躍彼らを全国区のアーティストに押し上げた「Lovin' Life」、「サヨナラは言わない! お前ら、幸せになれよー!」(ファンキー加藤)と叫びながら歌った「サヨナラじゃない」。そして2006年リリースのメジャーデビュー曲「そのまんま東へ」と、まさに10年間の集大成に相応しい新旧織り交ぜたベストソングライヴは古くからのBABYSも初めてファンモンのライヴに参加したBABYSも等しく盛り上がり、涙し、笑顔になれる。そんな夢のような空間となっていた。

ファンキー加藤が「この曲は初めて売れなくてもいいと思った曲、BABYSのためだけに作った曲」と語ったラストシングル「ありがとう」の歌唱時には、ラストライヴの終演に向かい抑えきれない想いが涙となって頬をつたった。

これまでの10年間の感謝の想いを歌に込め、真っ直ぐに届ける3人に、5万人のBABYSは“解散”という2文字を改めて強く意識したのだろう。会場中のBABYSがタオルで涙を拭いながら、それでも必死にステージを見つめていた。

アンコールでは、それぞれが感謝の想いを語った。

「10年弱、皆さんありがとうございました。楽しかったです。ありがとう! ターンテーブルを使ったミュージシャンで東京ドームは初めてらしいです。皆さんのおかげです。楽しかったよ。ありがとう!」(モン吉)
「今日はほんとに奇跡的なライヴができたと思います。皆さんの声援と気持ちがどんどん伝わってきて、めちゃめちゃ、今までで一番楽しかったです。ほんとありがとうございました! 今日でライヴするのは最後ですが、曲はずーっと残っていくんで聴いて下さい。今日のことも僕は一生忘れません! ありがとうございました! また新しい形で会いましょう! 10年間ありがとう! 最高でした! ありがとうBABYS! ありがとうスタッフ! ありがとうメンバー!」(DJケミカル)
「幸せに満ちた2日間でした。この10年間でファンモン史上“最幸”のライヴになりました! BABYSと共に歩んできた日々は本当に幸せだらけでした。みんなと共に歩んできた日々は、共に過ごしてきた日々は、一緒に見てきた景色は幸せだらけでした。幸せだけしかありませんでした。10年間本当にありがとうございました!」(ファンキー加藤)

 ラストはファンキー加藤の「WE ARE?」の掛け声に5万人のBABYSが割れんばかりの声で「FUNKY MONKEY BABYS!!!」と叫び、メンバーがステージを降りると、エンディングロールでは「ありがとう」のBGMに合わせて5万人が大合唱し、BABYS達が最後の“ありがとう”のエールを贈り返した。

東京ドームでのライヴは2011年の夏に開催予定だったが、東日本大震災の影響で一度は中止となっていた。その際に夢のステージを彼らは「BABYSとの約束の場所」と位置付けており、奇しくもラストステージで夢の場所・東京ドームでの約束を果たすと共に結成から10年間の活動を終えた。
e0197970_18184733.jpg
e0197970_18185253.jpg
e0197970_18185767.jpg
e0197970_1819338.jpg
e0197970_1819861.jpg
e0197970_18191345.jpg
e0197970_18192048.jpg
e0197970_18192571.jpg
e0197970_18193063.jpg
e0197970_18193410.jpg

⇒FUNKY MONKEY BABYS オフィシャルサイト

e0197970_23534980.jpg
★エキサイトアーティストモール公式Twitter★
フォローなう!
【URL】http://twitter.com/artistmall/


[PR]
# by ex_musicmall | 2013-06-03 18:19 | ライヴレポート
SCANDALと5人の堤真一(!?)が渋谷に出没!蛭子能収もポテトにつられて出没…!?
e0197970_13514437.jpg
5月22日(水)にニューシングル『会わないつもりの、元気でね』をリリースしたSCANDALが、ファーストキッチン渋谷センター街店にて主題歌担当の映画『俺はまだ本気出してないだけ』(6月15日公開)とのコラボ記念ポテトを特別先行サンプリングした。今回、CDジャケットが渋谷のスクランブル交差点ということから、ファーストキッチン渋谷センター街店で実施することとなった。

映画『俺はまだ本気出してないだけ』は堤真一がダメダメ42歳を演じることでも話題となっており、『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』『コドモ警察』『HK/変態仮面』の福田雄一が監督・脚本を手掛けている。

堤真一演じる、漫画家を目指す主人公・大黒シズオは42歳にしてバイト先がファーストキッチンで、映画とファーストキッチンのコラボレーションにより漫画の墨(スミ)とかけた「イカスミポテト」を6月1日(土)より発売するのだが、5月22日(水)にSCANDALの主題歌リリースということで、特別先行サンプリングを本人たちが実施。サンプリングはSCANDALの4人と堤真一の顔型を精巧に取って作られたマスクをかぶった通称「シズオ5(ファイブ)」も行なった。

「シズオ5」とは、映画の主人公・大黒シズオの心情を模した「カミシズオ」「30代のシズオ」「20代のシズオ」「10代のシズオ」「現在のシズオ」のことで、シズオの精神的葛藤を表現する際に出てくる。このマスクは堤真一の顔を2時間かけて型取りして、2週間以上かけて制作。堤真一に変身するには約1時間必要になるとのこと。出来上がった「シズオ5」を見て、堤真一は「気持ち悪いな~」とポロリ本音を言っていた。

イベントスタート10分前の14:50にSCANDALのオフィシャルTwitterにて急遽の告知だったにも関わらず、ファーストキッチン渋谷センター街店頭にSCANDALが現れると、限定300個で用意していたポテトは10分とたたずに終了。店の前には1,000人が集まり、大盛況となった。

途中、蛭子能収(映画には居酒屋の店主役で出演)がサンプリングの列に並んでいる、というSCANDALメンバーへのドッキリも。蛭子さんの姿を見つけたメンバーは「蛭子さん来たー!? えー!!!!」とびっくり。「事務所がこっちにあるんで…ここしょっちゅう通っているんですよ。今日、無料でポテト配っているからもらいに来たんです」という蛭子さん節に4人は大爆笑。

イベント終了後、ギターのMAMIは「“CD買ってきました”と言ってくれる人や“TV観たよ”って言ってくれる人がいたりして、嬉しかったです」。ドラムのRINAは「10分前のお知らせにも関わらず、たくさんの人が集まってくれて、楽しそうにしてくれていたので嬉しかったです」と語った。新曲についてボーカルのHARUNAは「切ないけれど勇気をもらえる曲を作りたかったので、で映画とリンクして情景を思い浮かべてもらえたらいいな、と思っています」とコメントした。

22日(水)発売のSCANDALの新曲『会わないつもりの、元気でね』は、オリコンウィークリーチャート2位を記録し自身の最大ヒット曲となった『太陽スキャンダラス』(2012年7月発売)の初動を上回る動きとなっている。
e0197970_1353173.jpg
e0197970_13532414.jpg
e0197970_13532948.jpg
e0197970_1353657.jpg
e0197970_13531122.jpg
e0197970_13533489.jpg
e0197970_13531611.jpg

⇒SCANDAL オフィシャルサイト

e0197970_23534980.jpg
★エキサイトアーティストモール公式Twitter★
フォローなう!
【URL】http://twitter.com/artistmall/


[PR]
# by ex_musicmall | 2013-05-23 13:54 | その他ニュース
清水翔太、豪華コラボのオンパレードとなったツアー最終公演で新曲リリースを発表
e0197970_1241548.jpg
昨年秋にリリースされたカバーアルバム『MELODY』がロングヒットを続けるなか、3月にスタートした清水翔太の【MELODY TOUR 2013】が5月15日(水)の東京国際フォーラム公演をもってファイナルを迎えた。ツアーは13ヶ所に渡り16公演が行なわれ、チケットは即完、計35,000名を動員した。

大歓声に迎えられた清水翔太は冒頭から「白い恋人達」でファンの心をグッと引き寄せるとピアノの弾き語りで「Aitai」、さらには「レイニーブルー」と立て続けにバラードでしっとり聴かせながら、MCでは「国際フォーラムは初めて。素晴らしい熱気を持った皆さんと一緒にライヴを作り上げていきたい」と話し、徐々に観客のボルテージを上げていく。

続いて“セルフカバーコーナー”と銘打たれたパートでは「With You」「Journey」など4曲のオリジナル楽曲を披露。ファンは清水翔太が発する歌声と歌詞の一言一言を噛み締めるように聴き入っていた。

ライヴ中盤、スキマスイッチの大橋卓弥が呼び込まれるとひときわ大きな歓声があがる。「この曲は大橋さんとしか考えられなかった」という「夏の終りのハーモニー」は、空気感を大事に一発録りしたというレコーディングを再現するかのように、ストリングスを入れてのパフォーマンスに観客は酔いしれた。

アンコールで加藤ミリヤとSHUNが登場すると、会場は大盛り上がり! 「今夜はブギーバック」でファンと大合唱しつつ、「3人はもう家族みたいな関係だね」という絶妙なやり取りも。

ラストはHYのカバーで「366日」。仲宗根泉(HY)が登場し、息の合った掛け合いを見せると、観客は大喜び。「みんなの心の深いところに届くように心を込めて歌いたいと思います」とライヴでは初めてとなる二人のコラボは、ツアーファイナルを飾るにふさわしいセッションとなった。

最後にバンドメンバー紹介と共にゲストを呼び込んで観客に挨拶をすると会場からは温かい拍手がいつまでも鳴り止まなかった。

またこの日、ニューシングル「WOMAN DON'T CRY」が7月3日にリリースされることが本人の口より発表された。トラックも自身で作ったという、本人曰く完全清水翔太サウンドとメッセージ性の強い歌詞で制作は順調に進行しているそうなので、こちらも楽しみだ。

■セットリスト
1.白い恋人達
2.Aitai
3.レイニーブルー
4.化粧
5.素直
6.With You
7.Journey
8.君が暮らす街
9.your song
10.even if
11.三日月
12.夏の終りのハーモニー(with/大橋卓弥)
13.リクエストカバー
14.リクエストカバー
15.リクエストカバー
16.Stand By Me
17.誰より好きなのに
~Encore~
18.今夜はブギーバック(with/加藤ミリヤ&SHUN)
19.Forget-me-not
20.366日(with/仲宗根泉)
e0197970_1243493.jpg
e0197970_1244476.jpg
e0197970_125051.jpg
e0197970_125987.jpg
e0197970_1251710.jpg

⇒清水翔太 オフィシャルサイト

e0197970_23534980.jpg
★エキサイトアーティストモール公式Twitter★
フォローなう!
【URL】http://twitter.com/artistmall/


[PR]
# by ex_musicmall | 2013-05-16 01:25 | ライヴレポート
ももいろクローバー爽がARライヴで新曲「アタシハアイス」を初披露
e0197970_05598.jpg
ロッテアイスは、5月13日(月)よりロッテアイス「爽」とAR技術を使って楽しむことができるARライヴツアー【爽快!ももクロ フタの上ツアー】をスタートすることを発表した。

先月14日(日)に西武ドームで行なわれたライヴでメンバーより発表されたこの【爽快!ももクロ フタの上ツアー】。ファンもどよめいた異例の“新ツアー”では、スマホのかざし方によって様々な角度や距離からライヴを観ることができ、まるで自分のためだけに歌ってくれている感覚を楽しむことができる。スマホを近づけるとメンバーに寄ることができるので、自分の“推しメン”だけを堪能することも可能だ。ロッテ「爽」とスマートホンがあれば、誰でも参加できる同ツアーは、ももクロ史上最多公演数のライヴとなる。

また、今回のツアーでは、可愛らしいメロディと歌詞が印象的な新楽曲「アタシハアイス」を初披露。同楽曲は、5月14日よりオンエア開始となるロッテアイス「爽」新CM『爽 バニラと氷篇』で使用されるオリジナル楽曲で、今回のツアーではロングバージョンを楽しむことができる。「爽」の“フタの上”に設置される煌びやかなステージではじける「ももいろクローバー爽」のARライヴならではのパフォーマンスに注目しよう。

【“世界一”爽快なライヴで、新楽曲「アタシハアイス」を堪能!】
新楽曲「アタシハアイス」パフォーマンスでは、「爽」のバニラの妖精に扮する有安さ&佐々木チームと、シャリシャリの氷の妖精に扮する玉井&高城チーム、そしてバニラ&氷の妖精に扮するリーダー百田が、それぞれのイメージに合わせた振付を披露。「今までのももクロにはなかった、可愛い振付がポイントです」とメンバーが語るように、投げキッスなど可愛らしい仕草が随所に散りばめられた振付となっている。楽曲については、「ももクロらしいポップな曲。早くて聴き取れないところもあるので、耳を傾けて聴いてほしいです」とコメント。

【「爽快!ももクロ フタの上ツアー」撮影メイキング】

ARの撮影は2度目となるももクロのメンバー。スタジオに入ると、すぐに新楽曲「アタシハアイス」の振付の練習を始めた。難しい部分は、何度も振付師の先生と一緒に合わせて確認し、いつもの賑やかな様子とはまた違う真剣な表情を見せていた。また、「アタシハアイス」の歌詞に合わせた“表情”をどのようにするか、スタッフを交えて相談する一幕も。細かい部分まで「魅せる」ことにこだわるプロ意識が伺えた。楽曲のポイントの一つでもある、百田の「NO~!両方楽しみたいの~~!!」の決め台詞では、監督から百田に「もっと気持ちを込めて」とのアドバイスが。百田さんは何度も「NO~!」を繰り返し、最後には渾身の「NO~!」を披露した。
一人一人のダンスを撮影するシーンでは、佐々木が緊張しているのを見かねたメンバーが「あーりん応援隊」を結成。NGを出し落ち込んだ佐々木が「出動ー!」と号令をかけると、メンバーがカメラ横に集合。謎のポーズを取り佐々木を笑わせ、場を和ませている姿が印象的だったという。

【「爽快!ももクロ フタの上ツアー」概要】
「爽快!ももクロフタの上ツアー」は、ロッテアイス「爽」とAR技術を使って楽しむことができるARライヴツアー。専用アプリをダウンロードし、ロッテアイス「爽」のフタの上にスマートホンをかざすだけで、このツアーでしか見ることができない“ももいろクローバー爽”のライヴステージを楽しむことができる。また、専用アプリには映し出されている画面を撮影できるシャッターボタン機能を搭載。自分の好きなタイミングで、自分の好きなメンバーの表情やポーズを撮影できる。なお撮影した画像は、そのままツイッター・Facebookに共有することができる。

■ツアータイトル:「爽快!ももクロ フタの上ツアー」
■日時:5月13日(月)~
■会場:ロッテ「爽」の“フタの上”
■出演:ももいろクローバー爽 (ももいろクローバーZ)
■ダウンロードURL:http://soh-soh.jp/
■対応OS:iPhone4以降 iOS5.0以上 / Android OS2.3以上
※iOS版のアプリは現在公開に向けて申請中、公開は5月中旬以降を予定
■対象商品:爽 バニラ、爽 いちごヨーグルト味、爽 グレープ&サワー

【ロッテアイス「爽」商品情報】
●爽 バニラ
微細氷入りで、シャリッとした食感が
楽しめる、後味さっぱりの爽快バニラアイス。
内容量:190ml 発売地区:全国
希望小売価格:120円

●爽 いちごヨーグルト味
爽やかなヨーグルトアイスに苺ソースがぐるぐる層状に入った、見た目も楽しいアイス。
内容量:190ml 発売地区:全国
希望小売価格:120円

●爽 グレープ&サワー
甘酸っぱい味のサワーとグレープにさらに微細氷が合わさって、さっぱり爽快。
内容量:190ml 発売地区:全国
希望小売価格:120円
新商品発売日:5/13
e0197970_063565.jpg
e0197970_064776.jpg
e0197970_0745.jpg
e0197970_072987.jpg
e0197970_074450.jpg
e0197970_075735.jpg
e0197970_08136.jpg

⇒株式会社ロッテアイス オフィシャルサイト

e0197970_23534980.jpg
★エキサイトアーティストモール公式Twitter★
フォローなう!【URL】http://twitter.com/artistmall/


[PR]
# by ex_musicmall | 2013-05-13 00:12 | その他ニュース


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!