エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
GACKT、40歳の誕生日ライヴで1万人のハッピーバースデーに涙!キリショーもお祝いに駆けつけ
e0197970_734166.jpg
7月4日に40歳の誕生日を迎えたGACKTが、4年ぶりのソロコンサート【BEST OF THE BEST vol.I M/W】を横浜アリーナで開催した。全国17ヶ所で22公演を行なうベストツアーは、7月3日に2枚同時に発売したアルバム『BEST OF THE BEST vol.1 -MILD-』『BEST OF THE BEST vol.1 -WILD-』に収録した楽曲を中心に、「MILD」「WILD」と呼ぶ2種類のセットリストで展開。「MILD」バージョンで行なわれたこの日は、新曲「サクラ、散ル…」など16曲を歌い上げた。また中盤にサプライズゲストとして、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(キリショー)がお祝いに駆けつけ節目を祝った。

約9年ぶりとなる同地でのライヴ。ファンの間では“聖地”とされる横浜アリーナのステージは舞い散る雪の中で、熱い歌声を響かせた「WHITE LOVERS」で幕を開けた。ダンサーを従えた迫力あるダンスで聴衆を沸かせた「GHOST」、弾き語りのピアノでしっとりと聞かせる「LAST SONG-UNPLUGGED-」、ギターをかき鳴らしながら歌った「Mirror」など、音楽はもちろんパフォーマンスでもファンを釘付けに。記念すべき40歳最初のライヴは、約4時間のステージもの大ボリュームで、ファンと一緒に歌い踊り盛り上がった。

中盤のMCでGACKTは、「7月4日をもちまして、神威楽斗(かむいがくと)、40歳になりました!!」とあいさつ。会場のあちこちから、「おめでとう」の声が飛んだ。GACKTが話をしている最中、鐘の音が響くと、ステージからのびた花道の先にある小ステージの床が開き、巨大なバースデーケーキが登場。待ってましたとばかりに集まった1万人が、青いサイリウムを揺らし、ハッピーバースデーを歌いGACKTを祝福。ろうそくの火を吹き消し、星のように輝く光をゆっくりと見渡したGACKTの瞳には、うっすらと涙が浮かんでいた。

しんみりとした空気は、ラジオDJのやまだひさしから、40歳にちなみ「40の質問」がぶつけられたり、映画『MOON CHILD』で共演したHYDEらからの、ビデオメッセージが映し出され、和やかなムードに。弟分として可愛がっているキリショーがツアーグッズとして販売されている白い猫耳をつけ、「GACKTさん、おめでとうございます!」と花束を持って登場すると、大はしゃぎのキリショーに、苦笑いしたGACKT。学生時代からGACKTに憧れていたというキリショーは、「(聖地である)横浜アリーナで祝えるなんてダメだ」と興奮。「僕に夢をありがとうございます!」とGACKTに向かい深々と頭を下げた。

終盤には、自身が「DEARS」と呼ぶファンの名をそのままタイトルにした「DEARS」を今ツアーで初めて披露。愛情が詰まった歌詞に、涙が止まらないファンも多く見られた。アンコールでは、昨年、原案・脚本・演出・主演と4役を務めた舞台『MOON SAGA -義経秘伝-』の世界観を新曲「サクラ、散ル…」で再現。満月や、舞台の映像を背後のLEDスクリーンで見せる壮大さには息を飲む人の姿も。桜の花びらが舞い落ちる中、平安貴族の直衣姿で歌う姿は、表現者・GACKTを思う存分感じることができる圧巻の内容だった。

5月11日の「かつしかシンフォニーヒルズ・モーツアルトホール」を皮切りに、北海道、大阪、福岡などをめぐり約8万人を動員。7月7日に、横浜アリーナでの追加公演で閉幕する。“リアルファイナル”と銘打たれた最終日は、これまで行なわれた「MILD」でも「WILD」でもない、想像を絶する「XTASY~エクスタシー~」な特別なプログラムが用意されている。GACKTは「これを逃したら、必ず後悔するぞ。感じたことのない感動を必ず届けるよ」と意気込んでいる。
e0197970_745084.jpg
e0197970_75065.jpg
e0197970_75997.jpg
e0197970_752439.jpg
e0197970_753518.jpg

⇒GACKT オフィシャルサイト

e0197970_23534980.jpg
★エキサイトアーティストモール公式Twitter★
フォローなう!
【URL】http://twitter.com/artistmall/


[PR]
by ex_musicmall | 2013-07-05 07:06 | ライヴレポート
<< NIGHTMARE、初海外ステ... flumpool阪井一生 無事... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!