エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
LOVE LOVE LOVEの1stフル・アルバムは2枚組の大ボリューム!
e0197970_085233.jpg
2月9日にリリースとなったタワーレコード限定シングル『旅に出ようs.p.』が好調な売れ行きのLOVE LOVE LOVE。75分超え収録にも関わらず、ワンコイン¥500という驚異的内容のシングル盤であるが、タワーレコードでは完売店が続出しており、2010年にライヴ会場限定盤としてリリースし即完売となった『旅に出ようe.p.』に続き、すでに幻のシングル盤となりつつある。そのシングルリリースを受けてのインストアライヴが2月19日(土)にタワーレコード京都店、20日(日)に梅田NU茶屋町店にて行なわれ、大盛況のうちに終了したが、その場で、新たにタワーレコード限定リリース第二弾となるフル・アルバムをリリースすることがメンバーより発表された。

この作品はLOVE LOVE LOVEとして初のフル・アルバムとなるだけでなく、なんと二枚組。彼らの過去(=入門編インディーベストセレクション)、そして現在(=インド渡航を経て完成した最新作)がぎっしり詰まった、“インディー”盤&“ヒンディー”盤がカップリングとなった超お買い得作品だ。

インディー盤のほうは、インディーズ時代からのベストセレクション。株式会社シーテック (中部電力グループ)企業CMソング「きみにハロー」、そして、ライヴでファンの間ですでに好評の「サイダー」の新録ver.などをした11曲が詰め込まれるという、まさにLOVE LOVE LOVEの入門編。

一方のヒンディー盤だが、その制作のきっかけは、なんと2010年秋の突然のインド渡航(ゆえにヒンディー盤!)。メンバーがそれぞれ、ビートルズやボブ・ディランもかつて訪れたという“ロックの聖地”インドへ旅立ち、その旅路で改めて自分の内面と触れ合うことで、ミュージシャンとして、そして人間としてかけがえのない経験を得た。帰国後メンバーはそのままバンド結成の地となる“滋賀”の山奥のスタジオに向かい、インドで得た有り余るエネルギーで、数十曲のデモを作り上げる。そしてその後インディーズ時代の活動拠点であった“京都”に向かい、彼の地でヒンディー盤を一気に完成させたのである。

このインディー&ヒンディー盤、2枚が合わさって出来たアルバムタイトルは『KYOTOKYO』(キョートゥーキョー)。そこには“from day to day(先のことは考えず、その日その日を)”という意味と、バンド結成後に活動拠点であった京都から東京、全国へ向け、改めて原点からの再発信であるという意味が込められているとのことだ。

さらに、これまで話題を呼んでいた謎のアーティスト写真も一新され、メンバーが初登場となったジャケット写真も本日よりついに公開。話題盛りだくさんのLOVE LOVE LOVE。ノリに乗っている彼らの次なる情報も近日発表予定!

《リリース情報》
1stフル・アルバム
『KYOTOKYO』

TOWER RECORDS&初回生産限定

2011/03/16リリース
¥2,500(税込)

◆DISC-1
1.光より速く
2.タヒチ
3.世界が嘘なら
4.グラデーション
5.祭り
6.五感でモーション
7.同じ月を見ている
8.Re:Tokyo
9.取り残された日曜日
10.ジャポネ
11.旅に出よう

◆DISC-2
1.いいじゃないか
2.サイダー(Dancing version)
3.夜明け前
4.ハローさよなら
5.ドントストップなお姉さん
6.Far-Far
7.この道どの道
8.ゆらゆら
9.しましまのカブトムシ
10.雲の街
11. きみにハロー
e0197970_015691.jpg

【『KYOTOKYO』について寺井孝太(Vo.&B.)のコメント】

2010年、LOVE LOVE LOVEは『インド』への一人旅をそれぞれ決行した。
その過程では様々な人、街や風景との出会いを通して自分の内面に触れる旅でもあった。
自分の意志でもって決断し、人に伝えて行くこと、その意思の大きさ如何で人の心を動かこともできる。
当然のことではあるが、改めて実感させられた旅であった。
当然ミュージシャンにおいては楽曲で表すことができる。
インド帰国後、数十曲が生まれたが、今回の制作プロセスではセルフプロデュースという形でレコーディングを行なった。
それは三人で音をかき鳴らしていた原点に立ち返るような気持ちでもあった。
そんな想いを制作に込めるべく、結成の場所『滋賀』で合宿を、そしてインディー時代の活動拠点『京都』でのレコーディングを敢行したのである。
それは自分自身と、メンバーと、自分たちの楽曲と正面から対峙する、そうせざるを得ない日々。
判断に苦悩する場面もあった。
しかしそうした切迫の中で出来上がる曲には自信を持って自分たちの音楽だと胸を張って言えるものである。
『京都』という地で出来上がった今回の作品。
「from day to day」先のことは考えず毎日やってくる一日一日や作品を作る過程のひとつひとつを大切にしていこう。
それが大切なことなんだという意味も含めて、もう一度ここから自分たちの音楽を、想いを発信したい。
KYOTOそしてTOKYO。
改めて京都から東京そして全国へ。
LOVE LOVE LOVEの原点からの再発信である。

《ライヴ情報》
LOVE LOVE LOVE presents「愛LOVE人間」

公演日:2011/03/22(火)
会場:大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
時間:18:30開場 / 19:00開演
チケット:前売り¥2,500 / 当日¥3,000
出演:岩崎愛 / THEラブ人間
チケ:LIVE SQUARE 2nd LINE(TEL.06-6453-1985)

-----
公演日:2011/03/29(火)
会場:下北沢CLUB Que
時間:18:30開場 / 19:00開演
チケット:前売り¥2,500 / 当日¥3,000
問:下北沢Que(TEL.03-3412-9979)

⇒LOVE LOVE LOVE オフィシャルサイト
e0197970_23534980.jpg
★エキサイトアーティストモール公式Twitter★
フォローなう(笑)
【URL】http://twitter.com/artistmall/


[PR]
by ex_musicmall | 2011-02-22 00:16 | リリース情報
<< Antelope、ハイスイノナ... サカナクション、新曲「ルーキー... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!