エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
lego big morl / mudy on the 昨晩 / tacica / the telephones〈2009/02/18掲載〉
2009/01/29@恵比寿LIQUID ROOM
【スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 09】


“ネクスト・ブレイク”はココから輩出される

e0197970_14584720.jpg
 ネクスト・ブレイクが期待できるアーティストや新進気鋭のアーティストを毎回ブッキングしている、スペースシャワーTV主催の人気イベント【スペースシャワー列伝】。このイベントを機に全国的にブレイクしたバンドは多い。全国各地からのリクエストも高いため、近年より【スペースシャワー列伝JAPAN TOUR】と題した全国ツアーも行なっている。ちなみに昨年の同ツアーのラインナップは、9mm Parabellum Bullet、DOES、NICO Touches the Walls、monobright。これを見ても、そのブッキングの信憑性がおわかりだろう。まさに、今、そしてこれからのバンドを見つけるには最良のイベントだ。

 そんな同ツアーに、今年はlego big morl、mudy on the 昨晩、tacica、the telephonesの4バンドが参戦。全国7ヵ所をまわった。そんなツアーの最終日。場所は恵比寿のLIQUID ROOM。もちろんチケットは早期にソールドアウト。開演10分前にも関わらず会場はパンパンだ。一番手はlego big morl。ちょうど前日に1stアルバムがリリースされ、気合いも充分。ステージに現われるやいなや、ヴォーカル&ギターのカナタによる「lego big morlだ!!」のシャウトから、タナカのギターがかき鳴らされ、会場がステージからの白色のライトの発光に包まれる。1曲目は「moonwalk for a week」だ。舞台に向かって右手のカナタ、真ん中のタナカ、そして、左にはサウスポーのベーシスト、ヤマモトと、いつもの放射を描いたフォーメーションから放たれるサウンドもばっちり。激しくも分厚いサウンドの中、存在感のあるカナタのヴォーカルが、しっかりと歌を支えている。どっしりとしたアサカワのドラムがリズムを刻み、そこにタナカのカッティングがリレーションされ、2曲目の「ユリとカナリア」へとつながる。ブリッジ部分での4つ打ちとサビでの伸びやかな部分が曲のドラマ性をふくらませていった。

 MCの後、劇的なイントロに突入する。3曲目は「ワープ」だ。会場中の騒ぎがひと回り大きくなる。今の自分とかつての自分、いつかの自分を想起させるこの曲に呼応するように、サビの部分では多くのコブシが挙がる。続いて、タナカのつま弾きとカナタの印象的な歌い出しも映える「Ray」がプレイされる。聴き入りつつ、各々の愛しい人を思い浮かばせるこの曲。後半のまるで飲み込まれるような展開は圧巻だった。そして、ポップながら途中からのテンポ・アップでは、それに合わせ、会場も盛り上がる「Noticed?」。ラストは、音響/ポストロック的なイントロも特徴的で、曲の後半に進むに従って高揚感もたっぷりな、雄大なスケール感を持つ「nice to」をプレイ。トップバッターながらお客さんも大満足の展開であった。
e0197970_15518100.jpg
 続いては、ステージ上で3人のギタリストによるセッティングが始まる。終わるやいなや、特にSEもなくプレイが始まり、いきなりフロントの3人が動き回りながら、音を発し始める。噂だけは聞いていたが、ライヴはじつは初見。その噂をこの目で確かめるべく、2番手のmudy on the 昨晩を食い入るように魅入った。彼らはインスト・バンドだ。その歌の無い世界で、今回の歌もの好きの観客たちをどう取り込むかも楽しみの一つであった今回のライヴ。結果は、“すごい!!” “圧巻だった!!”に尽きる。シングルコイルのギターならではの繊細さを用い、叙情性と大きな流れを交互に放射。堅く張りのある、けっしてハズまないドラムは、彼ら3本のギターを自由に泳がせる。メロウなイントロからつま弾かれ、急に激流に飲み込まれるような大河感を味合わせてくれた2曲目「POLICE」。カッコよく明解なリフによるイントロから、激しさへ、そして一瞬ピタッと止まる美しさもたまらない「marm」は、その振り幅も彼ららしかった。

 “どこでノったらいいのか?”なかなかつかめなかった会場も、ようやく“彼らがどういったバンド”で、“どう反応したらいいのか?”がわかってきたようだ。と、思うもつかの間。またもや会場を突き放しにかかるmudyの面々。彼らの中では比較的“明”を感じる「ニュータイプ理論」。歪んだベースと変リズムのオンパレード。フロント3人の動きもますます激しい「Kau's」。そして、かき鳴らされる激しさの中にも、しっかりとした主メロがわかる、3本のギターの重なる瞬間にゾクッとくる「Ozis」と、ラスト3曲をノンストップでプレイ。フィードバック音と、“すごい……”の感想を会場に残し、彼らはステージを後にした。
e0197970_1555822.jpg
 今までの大音響によるためか? 妙にシーンとした会場内で、 続いて登場のtacicaを待つオーディエンス。そんな彼らは、クールなSEに乗って登場。ヴォーカル&ギターの猪狩が、「tacicaです。よろしくお願いします」と一言。そして、そのシーンとした雰囲気を打ち壊すようにギターがかき鳴らされる。1曲目は「人間1/2」だ。今日も猪狩の声がよく通り、会場中に響く。間奏のストレートになる部分がカッコよく、それを導火線になおさら楽曲が輝き、響く。一拍置いて、聴き覚えのあるカッティングが耳に入ってくる。2曲目は「黄色いカラス」。サビの部分でパーッと炸裂する白いライトに浮かび上がる姿がやけにさまになっている。ラストに向かうに連れ、ますますルックスを上げていくその光。ついには曲と同化し、感動的な気持ちになった。

 チューニング・タイムを挟み、3曲目には1月に出たばかりのシングル「人鳥哀歌」をプレイする。苦悩やモヤモヤ、その中から抜け出たかのようなサビでは、よりストレートに光り輝いている。この曲では間奏の小西のベースソロも聴きどころだ。4曲目は彼らの中でも比較的に抜き差しの多い「密蜂の毛布」。ドラムの坂井の手数も増える。再びチューニング・タイムを挟み、ギターを弾きながら始まった「Silent Frog」。ミディアムでメロウなナンバーの登場に会場中がじっと聴き入る。じわじわとさせつつ、途中ガツンとくる猪狩のヴォーカルに武者震いを覚える。そして、ラストはみんなお待ちかねの「HERO」が飛び出す。サビが非常に力強いこの曲は、何度聴いてもサビの部分ではグワッとした気持ちにさせられる。それは会場も同様のようで、この曲に至っては、一際コブシも挙がっていた。みんなきっと、ステージ上から放たれるこの曲に、自分たちにとっての「HERO」を見い出していたにちがいない。
e0197970_1562232.jpg
 ステージにミラーボールやシンセがセッティングされる。次はいよいよトリのthe telephonesだ。お約束のアフロのヅラをかぶったメンバーが登場。のっけからヴォーカル&ギターの石毛がお得意の高い声で「I am DISCO」を大連発すると、ミラーボールが回りだし、ズラを取る。1曲目は「urban disco」。石毛のかん高い歌声が会場中に響き渡る。頭から客席は大熱狂。手拍子は起こるは、ダイヴは起こるはで、客は大ノリ。まるで蜂の巣をつついたような騒ぎとなっている。間髪置かず2曲目はそれを上回るアッパーさを持った「DaDaDa」。キーボードの岡本も電子音を放ちながらも身体をクネクネさせ、いつもの気持ち悪い(失礼!)ダンスを始める。そして、間髪置かず岡本が担当するカウベルのリズミカルな連打の「RIOT!!!」に。ストロボ・フラッシュも使われ、さらにアドレナリンが上昇する。そして、ちょっとテンポを落としたナンバー「electric girl」が始まる。石毛がかん高い声でアジテートをし、それにアジられるように、みんな何もかも忘れたかのように楽しそうに踊っていた。

 MCを挟み、普通のトーンとハイトーンを使い分けて歌う「Beautiful Bitch」。そして、レイヴ的なシンセのイントロが流れ出し、場面をさらに盛り上げる「HABANERO」。曲内に緩急をつけつつ、いったんシフトダウン、そこから再びグイッと持ち上げる流れはさすがだ。怒濤の展開はまだまだ続き、進むごとにその強度を上げていく。7曲目「sick rocks」では、お客さんも感度よくレスポンスを送る。岡本も舞台ギリギリまでせり出し、クネクネと踊りまくる。そして、本編ラストは「Love&DISCO」。これでもかとばかりに、徹頭徹尾、終始アッパーな曲で攻めまくる様子は圧巻。これ以上ないような幸せな表情で会場中が思い思いに踊る。そのさまはまさに“会場中が踊っている”と称してもいいほどだった。

 ここからはアンコール。まずは新曲「D!A!N!C!E! to the telephones」を披露。スリリングなギターカッティングから、至福性が加わった、間のシンセのフレーズもカラフルな同曲。ノイジーさと怒濤さ、ヒステリックさとどっしり感が同居したナンバーだ。そして、聞き覚えのあるギターリフのループが始まると、お客さんも大熱狂。ラストは「fu~shit!!!」だ。メンバー自身も大熱狂し、ついに最後には石毛が客席にダイヴし、ライヴは終了した。

 前評判以上に、観終わった後にさらに確信した「今年はこのバンドたちがくる」という予感。“やはり列伝は今後も見逃せないイベントだな……”と痛感したのだった。
e0197970_1573416.jpg
●取材・文/池田スカオ和宏、撮影:SUSIE

⇒スペースシャワー列伝 オフィシャルサイト
[PR]
by ex_musicmall | 2010-12-08 21:20 | ライヴレポート
<< おとぎ話 / andymori... ジン / アルカラ / GAR... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!