エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
tacica〈2009/01/07掲載〉
2008/12/17@渋谷CLUB QUATTRO
【tacica「三大博物館 新館特別展 ~ワンマンの夜明け~」】


tacicaは間違いなく、言葉のバンドだ
e0197970_1741089.jpg
 ちょうど一年前に行なわれたtacicaの東名阪ツアーのタイトルは【2007 TOUR 3大博物館】だった。そして今年12月の東名阪CLUB QUATTROワンマンツアーは【三大博物館 新館特別展 ~ワンマンの夜明け~】。タワーレコードで軒並みチャート一位を記録し、ソールドアウトとなって以来、注目の的になっているtacicaの今年の締めくくりは、噂にたがわぬ雰囲気。12月17日@渋谷CLUB QUATTROは、彼らの歌を聴きこんできたリスナーたちの熱気が開演前から渦巻いている。“ちょっとチェックしてみようか”とか、“名前を聞いたことがあるからやってきた”とか、そんな生やさしい感じのオーディエンスではない。歌そのものに対してこれほどストレートな期待を集めるバンドは、滅多にいないだろう。猪狩翔一(Vo.&G.)、小西悠太(B.)、坂井俊彦(Dr.)の3人がステージに現われただけで、「オーッ」という異様な歓声が起こった。

 坂井がシンバルを鳴らし、さらにキックを踏み込む。そこに猪狩のギターの刻みが加わる。曲が始まる前の、tacica独特のイントロダクションだ。小西はベースをチョッパー気味に弾く。「コオロギ」を歌い始めた猪狩のしっかりとした声と言葉に呼応するように、ギターの音色はストイックであり、ドラムのリズムはひたすら重く、ベースは低音をドラムにまかせてメロディをサポートする。このバランスがtacicaなのだ。続く「クローバー」でもギターとドラムがフリーキーに暴れ回るイントロダクションが付いている。坂井のタムから曲が始まると、ポストロック的なアプローチのサウンドがQUATTROを満たした。

 猪狩はほとんど動かない。対して小西が大きなアクションでライヴにメリハリを付ける。間奏ではバスドラの連打やギターの鋭いカッティングなど、スリリングな展開を見せる。ビシッと終わって、いよいよ僕の大好きな名曲「人間1/2」が始まった。<闘争心を持って生まれた あの日のモンスターも 背中のファスナーが覗こうと 哀しくはないさ 多分>という歌詞に、QUATTRO中が反応する。みんな、tacicaのリリックが大好きなのだ。終わると大きな拍手が起こった。まだ、バンドもオーディエンスも緊張している。ここでメンバーがひと息入れると、会場もようやくざわざわし始めた。
 「楽しいですか? 僕は楽しくてしょうがない。三大博物館 新館特別展にようこそ。最後まで楽しんでってください」と猪狩。「黄色いカラス」が始まると、この曲を待っていたかのように、キャーッという悲鳴のような声が客席から上がった。

 ここまで聴いて、思うことがあった。CD音源でtacicaを初めて聴いた時、耳に突き刺さってくる言葉とともに、よく洗練されたアレンジが好きになった。そして、それをどれくらいライヴで再現してくれるのだろうと期待していた。が、正直、ライヴでのtacicaの演奏は、CDとは違っていた。どちらかと言えば、彼らの演奏は上手ではない。だが、猪狩の歌に焦点を絞ったプレイは、とてもすがすがしかった。言葉を届けることに集中することに徹するバンドならではの愛情とエネルギーの発信がそこにはあった。それはQUATTROという会場のキャパシティには必要充分であり、実際、オーディエンスはそれぞれの曲に自分たちの想いを重ねてライヴを楽しんでいた。そのことが明らかだったのは、1月リリースの新曲「人鳥哀歌」だった。ディレイをかけたギターから始まったその曲に、オーディエンスは体を揺らしながら耳を傾け、歌詞のひと言ひと言にうなずくように聴いていた。

 ユーモアたっぷりのグッズ紹介の後、人気曲「オオカミと月と深い霧」からライヴは終盤にさしかかる。猪狩は膨大な量の言葉をこの日、歌ったはずなのに、彼の口からまだまだ言葉があふれ出る。何よりそのことが感動的だった。言葉なのか、グルーヴなのか、はたまたメロディなのか。もちろんそれらのどれもがあって音楽は成立するのだが、バンドによって中心に置くものが異なる。tacicaは間違いなく、言葉のバンドだと思う。だからアンコールで歌った新曲「タイル」が、言葉の持つリズムをこれまで以上に引き出していたのが嬉しかった。そうした新曲群がライヴでさらに磨かれた時、 tacica はきっと2009年のバンドシーンの重要な一画を占めることになるだろう。
e0197970_173513.jpg
●取材・文/平山雄一、撮影:鈴木万祐子

⇒tacica オフィシャルサイト
[PR]
by ex_musicmall | 2010-12-08 21:15 | ライヴレポート
<< 椿屋四重奏〈2009/01/1... 鶴 / UNISON SQUA... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!