エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
ザ・ガールハント〈2008/12/10掲載〉
2008/11/27@下北沢CLUB Que
【ガールハントグランプリツアー「ドレミ=ファンダメンタルズ」ファイナルワンマンライブ!!!!】


見どころ&お楽しみ満載の笑顔100%ライヴ
e0197970_19535513.jpg
 「みなさん、ザ・ガールハントのライヴへようこそ! 今日はやるぞー!! よろしくぅ!!」という気合いの入ったマスザワの第一声で「リサイク」からスタートすると、場内にパッと明るく元気な空気が流れ、しょっぱなからザ・ガールハントが掲げる“へたれロック”が爆発する。はやる気持ちを抑え切れない様子で加速度を上げグイグイ飛ばしていき、4曲続けて演奏し終わったところで、「*◎☆×≠◇絶好調~!!」とチバが叫び、間髪入れずに「×@◇◎△☆絶好調~!!」とマスザワも叫ぶ。二人ともすでにテンションマックスだ(笑)。「あの~、言っときますけども、我々めいっぱい楽しみますので、みなさんも僕ら以上に楽しんでいってください! それでは、最後の曲です、ありがと〜う!!」とマスザワ。ファンは爆笑、ここでメンバーもファンもふと緊張感が解けて、よりアットホームな雰囲気に。

 そのまま1曲「108」を演奏した後、MCへ。紅白のことからコンビニでの出来事など、脱線しまくりのへたれトークがしばらく続いたところで、突然「大事なことに気づいちゃった。曲がまだまだいっぱいあるよ!」とチバ。「じゃあ曲やる? でもこっからもうMCないからさ」とマスザワが言い、 “え゙ぇー!!”と不満たっぷりに観客が声をあげる。すかさず、「だって次で最後の曲だもん」とチバが言うと、「でもその曲、2時間半くらいあるけどね!」とさらにマスザワがボケ倒す。ネタ合わせしてきたのか!? と思うくらい(実際にはすべてアドリブ)、漫才師顔負けの爆笑トークを繰り広げた。そんな彼らのトークにファンは笑ったり、関心したり、驚いたり……大忙しだった(笑)。
e0197970_20194147.jpg
 でもいったん演奏が始まれば、雰囲気は一転。グッドメロディー&アイデア満載のバンドサウンドと、勢いよくエモーショナルに歌うツインヴォーカルで観客を揺らす。そんな究極のへたれポップワールド全開のナンバーを続けざまに演奏し終わったとたん、「ガールハントって、曲いいね!」とマスザワ。もちろんファンは“うんうん”と大きく頷きながら拍手。「ここ数年ね、楽曲の良さがMCに隠れてると思うんだ……」と嘆いていたが(笑)、確かにガルハンの奏でる音楽は、人懐っこいメロディーを軸に、抜群のポップセンス光る親しみやすい楽曲ばかりだ。そんな彼らの魅力かつバラエティーに富んだ楽曲をたっぷりと演奏しつつ、この日はワンマンならではのお楽しみも。それはガルハン初の試み、ヴォーカルのパートチェンジ。やはり自分のパート以外は歌いづらいようで、ビミョーな音程もご愛嬌(笑)。ファンもこの時ばかりは二人を見守るように観入っていた。

 「今日は本当に楽しいです! あとひと盛り上がりしてもよろしいですか?」と言って、ガルハンの楽曲の中でも疾走感ある熱いナンバーで一気に畳み掛けた。そして本編ラストを飾ったのは「ファンダメンタル」。ファンからの大きな拍手と歓声を受け、マスザワから最後に発せられた言葉は、「なんだよ、コレ!!」。本人達の予想を越える楽しさ&盛り上がりに思わず出てしまった言葉だったに違いない。
e0197970_20231098.jpg
 アンコールでは、小高芳太郎(from LUNKHEAD)が登場! ガルハンではお馴染み(?)のブルースリーの黄色いつなぎを着て現われ、場内からは歓声と同時に笑い声が(笑)。「文句は言わない」改め、「ランクは言わない」を熱唱し、大いに盛り上げた。鳴り止まないアンコールの拍手に予定外のダブルアンコールが行なわれたほど、ファイナルを飾るに相応しいステージだった。最新作『ドレミ=ファンダメンタルズ』収録曲はもちろんのこと、これまでにリリースした作品の中から万編なく選曲、活動歴6年の集大成とも言えるライヴを観せた彼ら。最後までパワー衰えないステージを展開し、観る者を一人残らず笑顔にした。

●取材・文/牧野りえ、撮影:川合 泉

⇒ザ・ガールハント オフィシャルサイト
[PR]
by ex_musicmall | 2010-12-08 20:23 | ライヴレポート
<< LAST ALLIANCE〈2... 小谷美紗子 / 毛皮のマリーズ... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!