エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
THE NOVEMBERS② 〈2010/03/20掲載〉
e0197970_19424335.jpg

◆自分がどうしてその言葉を書いたのか、あとから気付くことがある

エキサイト:昨年のLIQUIDROOMでのライヴの成功が、このアルバムに結びついたのかな?
小林:あの日は体を壊していて、ライヴができるか不安だったんですけど、始まってみたらいつも以上に没頭できました。
エキサイト:体調不良が、かえってよかった?(笑)
小林:僕らのためだけに時間とお金を使って来てくれた人が、会場いっぱいにいる光景を見て嬉しかったですね。自分達の力を出し切って楽屋に帰ってきてから、お客さんと向かい合った実感が湧いてきました。並行してアルバム作りの作業をしつつ、あの昨年のワンマンツアーを高めていって、それがレコーディングに反映される予感がありました。実際、ツアーが終わってから、アルバム作業は急ピッチで進んでいって。良い状態でツアーを終わらせられたことが、そのままアルバム作りのモチベーションそのものになっていったっていう。良い意味でコンセプトなくやれたので、一人一人がやりたいことやって、それにお互いが反応して作っていきました。メンバー間のコミュニケーションは、これまでの比じゃないくらい深かったです。
エキサイト:スタジオとライヴは正反対の作業だから、普通は並行してやりにくいはずなのに、良いレコーディングだったんだね。『Misstopia』を作り上げる時のテーマは?
小林:特に決めずに、なんの目論見もなく、無意識に良い曲を4人で作ろうと。それで、作り終わってから全体の統一感に気付きました。
エキサイト:良い制作過程だね。でも聴かせてもらって、たとえば<大人>とか<泡>とか、キーワードがあちこちの曲に潜ませてあって、最初から狙っていたのかと思った。
小林:あ、本当だ。
エキサイト:「本当だ」って、自分で今、気が付かないでください(笑)。
小林:でも、そういうことが多いんですよ(笑)。無意識で作って、あとから気付く。聴いている人もそうかもしれないけど、自分がどうしてその言葉を書いたのか、あとから気付くことがあって。
エキサイト:じゃ、「ウユニの恋人」は? 昨年、NHKの『ワンダー×ワンダー』っていう番組でウユニ塩湖を紹介していたけど、あれを観てインスパイアされて作ったのかなと思った。
小林:その番組、観てないです。どんな番組だったのか教えてください(笑)。僕は単純にボリビアが好きで、地名を見ていて“ウユニ”って字面が良いなと思って、作ったんですけど。
エキサイト:ウユニ塩湖の景色がYouTubeに上がっているから、観てください(とiPhoneを渡す)。
小林:うわ、綺麗。知らなかったです。
エキサイト:この景色に曲がすごく合っているなあと思った僕がバカでした(笑)。

◆聴いた人が僕らに差し出してくれるものを大事に受け取りたい

エキサイト:アルバムを作り終わってから感じているテーマは?
小林:やはり“愛”ですね。考えることより、感じることが大事だというのは以前と変わっていない。先に考えることは効率的かもしれないけど、自分はあるがままに感じたいと思ってます。
エキサイト:ニュー・アルバムでは、ネガティブな表現より、ポジティブな表現が多くなっているように思ったけど。
小林:そうですか? もちろん「ネガティブが美徳」っていうのは嫌いですけど、「ポジティブが美徳」っていうのも同じくらい嫌いです。“もの”はただそこにあるだけで、それをネガティブ、ポジティブって思うのはその人の問題だと思う。たとえば僕は電車よりバスが好きで……。
エキサイト:というと?
小林:時間はズレるけど、バスのほうがいい。電車だと、ちょっと遅れるだけで“大惨事”(笑)に感じるでしょ。どっちがネガティブ、ポジティブとは言えない。
エキサイト:そういえば、そうだ(笑)。アルバムで印象的だったのは、「I’m in no core」っていう曲で、<死ね>って歌う声にすごくリアリティがあった。
小林:あれは、誰かに死ねっていうことでもあるけど、自分にも向かっている。自分を壊そうとするものが、自分の中にもある。そのジレンマに対する覚悟。みんな「死ね」っていう言葉を使っていると思うんだけど、どこか後ろめたい気持ちがあると思う。それを誰かに歌われた時に、何か気付くものがあると思う。だから、この歌は自分から自分への“気付き”でもあるんです。
エキサイト:作品を発表するスタンスが進化している。
小林:よりたくさんの人に聴いてもらいたいと思っています、東方神起以上に(笑)。たくさんの人に聴いてもらいたいけど、それは“タレ流し”っていう意味ではなくて。一方的にこちらが差し出すのではなく、聴いた人が僕らに差し出してくれるものを大事に受け取りたい。それが全部かな。今はすごくライヴをしたい。新しい曲を聴いてもらう機会が欲しいですね。

⇒CD情報へ
[PR]
by ex_musicmall | 2010-10-27 19:43 | インタビュー
<< THE NOVEMBERS① ... THE NOVEMBERS③ ... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!