エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
PE'Z② 〈2010/02/19掲載〉
e0197970_18232160.jpg

◆やっぱりこの5人でやっているバンドが好きだと気付いた〈ヒイズミ〉

エキサイト:「クシコスポスト」(日本では運動会の定番曲)は一曲目と決めてはいたんですか?
Ohyama:クラシックのカバーをやりたいとは思っていたんですけど、最初は思うように曲が見つからなかったですね。やれば普通に仕上がりの良さそうなものはいっぱいあったんですが、何か面白くない感じで。「クシコスポスト」は明らかに誰もやらなさそうな、でもPE’Zがやって面白くなりそうな曲だと思ったので「絶対一曲目でしょ!」って話になり、そこから初めてアレンジを考えました。
ヒイズミ:「クシコスポスト」って、タイトルを聞いて分からないと思うんですけど、聴けば分かるじゃないですか? 今回、自分達のバージョンではものすごくスローでエレガントな始まり方をしているんですけど、聴いている人はこの曲は絶対にこのままじゃ終わらない、絶対に速くなるって予想していると思うんですよ。で、事実「ええ、そうなりますけど何か?」みたいなアレンジになってます(笑)。つまり、一応ストーリーはありますけど、音楽的には単純に(運動会のこの曲はテンポが速くなるという)皆さんの期待に応えている、そんな曲です。
エキサイト:最後の曲が「Woo-ha!!」っていうのもアルバムのトータルバランスを非常にうまく整えていますよね。
Ohyama:アメリカのディスコっていうか、ソウルです。こういう曲ってPE'Zとしてあまりやっていないタイプで、もしかしたらこの先のPE'Zにとっても、これまでPE'Zを聴いている、これからPE'Zを聴く人にも音楽的な広がりをもたらす曲であるように思います。次につながる終わり方にはこの曲を最後にするのが最適かなって。そういう終わり方って、これまでのPE'Zにはあまり無かった傾向だと思うんです。
ヒイズミ:今までのPE'Zのアルバムって毎回気持ちよく完結しているんですよ。でも今回のアルバムの締めくくりは、まるでドラマ『北の国から』のラストみたいなんですよね。細かくは覚えていないんですけど、確か最後、ストーリーの全てがちゃんと終わって、田中邦衛さん演じる五郎さんが、ボーン♪ボーン♪って鳴り響く時計を見て終わるんですよ。その時はその意味が全く分からなくて、気持ちがものすごくモヤモヤしたのを覚えています。でもこれって、次に何かがあるのか、無いのか、何なのか、でもきっと何かしらの意味があるはずだっていう終わり方。すごく色んな解釈がある、正解の無い終わり方なんですよね。そういう終わり方っていいと思うんですよ。「Woo-ha!!」はアルバムをそんな感じに終わらせてくれました。
エキサイト:今回のアルバムでは、これまであまりしなかったことをしたというお話を聞きましたが?
Ohyama:今回はメンバーみんなでアレンジをしています。クレジットにPE'Zと入っているのもそういう意味合いです。これまではマサユ機と二人で作ってきたものをみんなで完成度を上げていくやり方だったんですけど、今回は最初からメンバーと相談しながら作っていく形でやっています。ライヴに関してもアルバムに関しても、まずは音を出してから考えるというスタンスでしたけど、昨今はメンバーそれぞれの役割が今までより増えたり、pe'zmokuの活動があったりと、昨年一年間でだいぶミーティングをしたと思います。ミーティングと言っても会議室に集まるようなものじゃなく、飯を食べたり、飲み会のノリとあまり変わらないものなんですけど、ただ飲むにしても5人だけでという機会は貴重でした。長くやっているとお互い理解してるつもりになって放っておいてしまうこともありますからね。デビューする前は5人だけで全てやっていましたから、その頃を思い出す感じでしたね。人に聞かれたくないことも話せたり、10周年ということで、色んな話もできました。その中で改めて気付くことも多かったです。やっぱりこの5人でやっているバンドが好きなんだということとか。ま、分かってはいたんですけど、改めて実感したというか。あとは、このバンドはみんな真面目だよなってことが分かりました。
ヒイズミ:それぞれ自分の考えがあって、当たり前ですけど(笑)、色々あるなぁって。やっぱり、そういうみんなの意見を改めて聞けるっていうのが良いと思いました。メンバーお互いが一人一人考えていることを伝え合うことで結束力の高まるような場が持てた気がします。

◆PE'Zには非常に熱い闘いがあって……厳しいです(笑)〈Ohyama〉

エキサイト:今回のアルバムでは楽曲的にもこれまでに無いアプローチも見られますが、話し合うことで音楽的自由度が増した部分とかはありましたか?
Ohyama:基本的にPE'Zってバンドは演奏に関しての自由度が高いんですね。わりと好きにやるっていうことが根底にありますから。だから改めて自由度とかを意識したことはないんですが、やっぱり自由じゃないものとの比較はありましたね。例えばPE'Zと比べるとpe'zmokuは歌のバンドですから、楽器の上での自由度は制限されます。っていうと少しネガティヴに聞こえるかもしれませんが、要は歌を聞かせたいから、そのための間(ま)を作ったり、色々な努力、工夫をしました。でも元々pe'zmokuっていうのはそういうことをやるバンドでしたから、それでいいんですよね。だから改めて歌ものバンドじゃなくなった時に色々気付かされました。俺もトランペットでメロディを吹いているわけですから、歌とあまり変わらないってことを少しはメンバーにも考えてほしいと思うんですけど、PE'Zはその辺りが完璧無視で来ますから、こっちもそれ以上に頑張らなくてはならない。改めてフロントマンとして真中に立つ厳しさを感じました(笑)。真ん中に立つパワーというか、メンバーにはメロディを吹いている僕を盛り立ててほしいんですけど、そこはみんな平気で僕を追い抜いて前に行っちゃうんですよ。抜かれたら、やっぱり自分はそこを追い越して前に行かなきゃいけないですよね。PE'Zってバンドはこの繰り返しなんです。非常に熱い闘いがあるっていうか、むちゃくちゃ感があるというか、厳しいです(笑)。
エキサイト:PE'Zをやっている充実感のようなものは毎回感じるところだと思うんですが、今回の場合はどんなポイントでそのような気持ちになりましたか?
Ohyama:常にあります。PE'Zって5人で即興的にバッと演奏して、「うぉー、今のいいテイクだったねーっ」って感じの終わり方をあまりしないんです。PE'Zの“曲”を聞かせたいという意識で録音しますから、やっては直すの繰り返しで、曲を作っているんですよね。だから、組み上げていって、色々なものを排除したり整えたりして出来上がった時の気持ち良さっていうのはずっとありますね。PE'Zにとってはソロも曲の一部という意識が高くて、ソロのもう一側面でもある“自分のアドリブやテクニックを見せる場所”という認識は低いかなって気がするんですよね。そうしたテクニックは必要なら出すし、不必要なら出さない。あくまでも曲ありきという考え方だと思うんですよ。トランペットのソロだけのことで言うと、そこはもう作曲と変わらない。技術を見せるならライヴで爆発させればいいし、そういうことはそういう時にやればいいわけですから。
ヒイズミ:「1・2・MAX」って曲でもソロがあって、どういうソロが必要なのかっていうことをみんなが考えてきました。管楽器っていうのはメロディがすごく立ちますから、多少見方も厳しくなるんですが、でもそうやって作ってきたから、メンバーも一発目に吹くアドリブの段階でかなり質の高いものを出してくる。経験というかPE'Zというバンドのやり方はそういうものなんだと、メンバーの体に染みついてきているということだと思うんです。
e0197970_18241677.jpg

◆アルバムを作り終えて、気持ち的にはすでに次に向かっている〈Ohyama〉

エキサイト:今作でもヒイズミさんのシャウトが聴けますが、ドイツ語らしきものまで披露していますね。
ヒイズミ:はい。ドイツ語含め、色々難しかったです(笑)。出たとこ勝負、完全創作のドイツ語って感じで(笑)。一応「イッヒ ビーン」っていうのが「I am」とか、そういうのはちょっとだけ分かりますけど、でもその程度です(笑)。
エキサイト:あまりに粒揃いの8曲が収められたアルバムで、早くも次の作品が聴きたくなってしまっているのですが。
Ohyama:僕達はレコーディングが終わって作品が出来上がったら、もうそれは過去のものにしていくので、気持ち的にはすでに次に向かっています。でも、我々は曲を作るのが遅いんで(笑)。始まりが遅いんですよ、なかなか始まらない。ね?(ヒイズミ氏に同意を求める) ずっとやる気がないんだよね(笑)。「やろうよやろうよ」ってなるんだけどね。どう?
ヒイズミ:色々と、他にもやることが、たぶんあるんだと思いますよ(笑)。
Ohyama:リリース時期が決まってから一生懸命やって、形にしようって始まるんですよ。普段、毎日のように曲は作っているんですけど、具体的なことが決まらないうちはそれらの楽曲も「燃えてない」って言うんでしょうか、破片はいっぱい頭の中にあるんだけど、PE'Zというバンドの曲として考えた時、そこまで火がつかない。“じゃあ次はいつ頃だね、そろそろ録らなきゃ間に合わない、じゃあ一週間後にお互い10曲くらいずつ作りますか”みたいなことになったらようやく燃え出すみたいな、その繰り返しですよね、この10年。でも、例えば明日までに30曲書いてくることになれば、数だけは揃えられると思うんです。ただ、どこで折り合いをつけるか、どれほどのレベルまで持っていくのか、そこは自分次第。もう常に自分との闘いですよね。
ヒイズミ:僕的には、一つレコーディングが終わって、次に「さぁ、やりますか」って言うまでのこの期間に、いかに美味しいハンバーグを食べるかとか、面白い漫画を読むかとか、そこが非常に重要かなと。
Ohyama:そこ、すごく大事ですよね。そうして、次も良いものが作れるようにしたいと思います。

⇒CD情報へ
[PR]
by ex_musicmall | 2010-10-27 18:24 | インタビュー
<< PE'Z① 〈2010... PE'Z③ 〈2010... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!