エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
FLYING KIDS① 〈2009/09/25掲載〉
FLYING KIDS
アルバム『エヴォリューション』


e0197970_16315942.jpg

復活FLYING KIDSが取り戻した、哲学の歌

90年代に入って日本に初めて登場した本格的ファンクバンド、FLYING KIDS。一時、解散したが、2年前に復活。【RISING SUN ROCK FESTIVAL】でその雄姿を久々に見せつけたのだった。その後、オリジナル・アルバムが待たれていたが、ようやく『エヴォリューション』が完成。オリジナル・アルバムとしては12年ぶりにリリースされる。ヒップホップの原点のひとつである“ファンク・ミュージック”は、60~70年代のアメリカ黒人文化の粋と言われている。黒人にしか出せない強くてしなやかなビートに乗せて、主張のはっきりしたリリックを歌う。主張といっても理屈っぽいものではなく、非常に感覚的なものなのだが、だからかえって人生の真実に迫ることができる。それが、ファンク・ミュージックが“哲学の歌”と呼ばれる理由だ。日本でも早くからファンク・ミュージックの音楽スタイルを真似るバンドはあったが、その真髄に触れて日本語でトライする者はほとんどいなかった。スタイルだけ真似るという点ではパンクもヒップホップも日本では、初期は似たようなものだったと思う。だが、それらのジャンルにTHE MODSやブルーハーツ、ECDやKREVAが登場してパンクやヒップホップの日本化が一気に進んだように、90年代初頭に現われたFLYING KIDSはファンク・ミュージックを堂々と日本語で歌ってのけた。その哲学性は、たとえば初期の代表曲「我想うゆえに我あり」のタイトルに表われている。誰でも知っているこの言葉は、有名な哲学者デカルトの著書『方法序説』に出てくる。ただ、哲学書からの引用だから哲学の歌なのではない。人間の英知が詰まった言葉と、FLYING KIDSの重くてファンキーなビートが絡まった時、日本にもようやく本物のファンク・ミュージックが誕生したのだった。注意深いリスナーはいち早くそのことに気付いていた。そのひとりであるスガシカオが、FLYING KIDSの登場に大きな刺激を受けたのは有名なエピソードである。なので、今回、FLYING KIDSのヴォーカリスト浜崎貴司にインタヴューすることになって、聞きたいことは決まっていた。「果たしてFLYING KIDSは哲学の歌を取り戻したのか?」 そして、答えはインタヴューが始まってわずか5分で得られた。やはりこのバンドは、タダモノではない。

●取材・文/平山雄一

⇒FLYING KIDS インタビューへ
⇒FLYING KIDS オフィシャルサイト
[PR]
by ex_musicmall | 2010-10-19 21:09 | インタビュー
<< THE BOOM③ 〈2009... FLYING KIDS② 〈2... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!