エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
椿屋四重奏① 〈2009/08/19掲載〉
椿屋四重奏
2ndアルバム『CARNIVAL』


e0197970_16333339.jpg

バンドとしての真価を音楽シーンに問う

ヒネリの効いたポップ・フィールで人気を集めている椿屋四重奏が、ついに本領発揮。『TOKYO CITY RHAPSODY』から1年半ぶりとなるメジャー第2弾『CARNIVAL』で、バンドとしての真価を音楽シーンに問おうとしている。
 内省的だった『TOKYO CITY RHAPSODY』は、ある意味、椿屋四重奏がメジャーへ移行するにあたってのアイデンティティを確認するアルバムだった。そこで自分たちの立つ位置と熱量を確かめた後、彼らはじっくり時間をかけて『CARNIVAL』を制作。そこであふれ出したのは、“音楽を楽しもう”という椿屋四重奏の原点であるエネルギーだった。70~80年代の歌謡曲=良質なポップを、今のロック感覚で表現する。そんな基本コンセプトが、『CARNIVAL』では全面的に展開されている。そしてそこに立ち現われたのは、まぎれもない“メジャーの椿屋四重奏”だ。
 さっそく椿屋四重奏のヴォーカリストでありコンポーザーの中田裕二(vo,g)に、『CARNIVAL』について思いきり語ってもらった。

●取材・文/平山雄一

⇒椿屋四重奏 インタビューへ
⇒椿屋四重奏 オフィシャルサイト
[PR]
by ex_musicmall | 2010-10-19 20:12 | インタビュー
<< 斉藤和義③ 〈2009/09/... 椿屋四重奏② 〈2009/08... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!