エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
奥華子② 〈2009/06/12掲載〉
e0197970_15574744.jpg

◆私の声の特徴を活かすには、
真っ直ぐに歌うほうが言葉が伝わりやすいということが分かった


エキサイト:一般リスナーが漠然と持っている“泣ける歌”というイメージと、実際の奥華子さんの歌は少し違うような気がするんですが。
:今回のシングルに限らないんですが、淡々と歌うことをすごく意識しましたね。できるだけクセのないように、というか。
エキサイト:そのほうが、リスナーに歌が伝わると思ったからですか?
:私、最初の頃は今とまったく違う歌い方をしていたんですよ。もっと感情的な歌い方をしていた。その歌い方でライヴハウスで5年間やっていたんですが、なかなかお客さんが増えなくて。それでも自分では自信過剰というか自信満々というか、「私の歌はこれでいい。みんなが分かってくれないだけだ」と思っていました(笑)。そんな時、今のプロデューサーに出会って、「そんなにいいんだったら、とっくに売れてるんじゃないの? このままでいいの?」と言われて、考え始めたんです。その方はエンジニアでもあるので、歌について色々言ってくれた。そこで、まず自分が変わらなくちゃ、何も変わらないって気が付いたんです。
エキサイト:ただ、そういう時って、何をどう変えればいいのかが難しいですよね。
:最初に思ったのは、「どうしたら人に伝わるか」っていうことだった。私の声の特徴を活かすには、真っ直ぐに歌うほうが言葉が伝わりやすいということが分かったんです。そこから“改造”が始まったんです。そうやってCDを作ってみたら、結果がついてきた。それまでとは別人のように、言葉が届くようになったんです。それで、今の自分の力でどれくらい届くのか試そうと、路上で歌うようになって。昔の歌い方だと、人が足を止めてくれない。なので昔の曲は封印して……封印っていうと大げさですけど、新しい曲だけでやってみたんです。
エキサイト:どうでした?
:止まってくれるようになりました(笑)。
エキサイト:何が違ったんでしょう。
:私が歌で伝えたいことは、本質的には変わっていないと思うんですよ。ただ、前は「自分がどうしたいか」って、自分中心にやっていた。それが、路上でやるようになってからは「どうしたら止まって聴いてもらえるんだろうか」って、聴く人の心を考えるようになったんですね。相手側から見ることが大事なんです。「笑って笑って」は2004年くらいに、路上で歌い始めた頃のそんな経験から作った曲です。

◆6月から始まるツアーには、新しい“奥華子“を楽しみに来てください

エキサイト:その「笑って笑って」は、ライヴの人気曲でありながら、これまでインディーズでしか出ていなかったんですよね。
:ライヴの最後に歌ってきて、ファンの皆さんの間では定番になっています。でも、知らない人にももっと聴いてほしい、埋もれさせたくないと思っていた。だからメジャー・デビューしたらシングルにしたいと思っていたんです。今、暗いニュースが多い世の中で、そんなことともリンクする気がしたので、このタイミングで出そうと。
エキサイト:再度レコーディングすることに関して、何か気をつけたことはありますか?
:一度音源化したことがある曲は、みんなそれぞれ思い入れもあるし、どうしても「前のほうが良かった」って言う人もいるので、覚悟がいりました(笑)。それでも、今の私の年を重ねたからこその「笑って笑って」が作れる気がしたのでレコーディングすることにしたんですが、実際にやってみたら大変(笑)。アレンジャーに頼んでたくさん音を入れてみても、何か違う。雰囲気を出すのが難しい。テンポを決めるだけで2ヵ月かかりました。けっきょく、ピアノの弾き語りで成立するのが“奥華子”なので、そこを大事にして、初めてシングルのアレンジを自分でやりました。いかに言葉が聴こえるか、声が浮き立つかを考えましたね。
エキサイト:ライヴでは、立ったままピアノを弾いて歌う弾き語りスタイルですよね。スタジオでもそうしたんですか?
:(笑)。今回はしなかったですが、結果、満足できる歌が録れました。
エキサイト:あの独特のスタイルは、どうして?
:路上で歌っていた時、キーボードからアンプ、スタンド、CDまで全部自分でかついで行ってたんですけど、もうそれでいっぱいいっぱいでイスが持てなかった。それであのスタイルになったんです(笑)。今では立ってキーボードを弾くほうが、自分の中でしっくりきます(笑)。
エキサイト:ストリートらしいエピソードですね(笑)。このあと、6月28日@大阪厚生年金会館芸術ホールを皮切りにツアーが始まりますが?
:「笑って笑って」を中心にしたアルバムを7月15日に出します。良いことも悪いことも生きていればいろいろあるけど、毎日小さな出会いがあったり、新しい発見があったり、毎日が誕生日なんだな~というところから、アルバム・タイトルは『BIRTHDAY』にしました。全国ツアーは3回目。32ヵ所を一人で回ります。1対1で想いを届ける〝手紙〝のようなライヴにしたいので、【3rd letter】というタイトルです。2ndまでは不安がいっぱいだったんですけど、もう「どうしよう」って言っていても仕方がない。応援してくれている人の期待に答えられるように、精一杯歌いたいと思います。“今の奥華子“を楽しみに来てください。

⇒CD情報へ
[PR]
by ex_musicmall | 2010-10-12 15:58 | インタビュー
<< 奥華子① 〈2009/06/1... 奥華子③ 〈2009/06/1... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!