エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
LOST IN TIME② 〈2009/03/04掲載〉
e0197970_1924728.jpg

◆この3人は、曲に乗せる想いのピントが合う

エキサイト:前作から2年経ってのアルバムだけど。
海北:2年かかってしまった、というより、2年ぶりに曲が書けたっていう感じです。もがいてたものが出てきたってことを考えると、2年はムダじゃなかった。だから、今のテーマは、次(の作品)をもっと早く出すってことです(笑)。
エキサイト:それ、気が早過ぎるでしょ(笑)。曲を書きたくなるまで待っていたっていうことなのかな?
海北:そうですね。2年、まるっきり曲を作らなかったわけじゃないんです。元ネタはあったけど、編成が不安定で、形にすらならなかった。昨年の夏に三井君と3人でやるってことになって行なった合宿のタイミングで「希望」が出来て、その形が出来上がってから曲を作った。ってか、作れるようになったというか。
エキサイト:その前のものは、全部捨てちゃったの?
海北:いや。「ブルーバード」の歌詞とか、「忘れもの」のメロとか、「あじさい」のネタとかがあったんですけど、眠ってた。曲として完成させるには至らなかったんです。
エキサイト:2年待った甲斐があったね。僕はアルバム1曲目の「合い言葉」が好き。始まりがすごく印象的で、リズムも変化に富んでいる。でも、複雑じゃなくて、ポップに感じる。
海北:プログレ・ポップっていうんですかね。3人のセッションから作ったんですけど、変拍子を使って仕掛けも多いんだけど、自然に聴こえるようにしたかった。
エキサイト:アレンジも面白いんだけど、歌……特に歌いだしの部分にすごく惹かれる。
海北:今回、僕等との共同プロデュースという形でお願いしたのは、スピッツなどを手がけている竹内(修/Teenage Symphony)さんっていう方で。バンドが行くべき方向をナビゲートしてくれたんです。「この曲は何を歌いたいの? だとすると、一番いい方角はあっち」って旗を振ってくれる。この出だしの歌も、「ふらふらしているんだけど、誠実さが伝わるテイク」ってことで選んでくれて。
エキサイト:確かに誠実に聴こえる。いいセレクションだね。
海北:何回も歌ったんだけど、けっきょく最初のテイクが一番良かったのかな、それこそ誠実さが伝わるっていう意味で。
エキサイト:そういうのは、なかなか自分では選べないよね。

◆このアルバムは、目的じゃなくて、手段。歌を通じて気持ちを共有したい

エキサイト:今回は全体に歌詞も心に残るものが多いけど、どんな風に書いたの?
海北:3人で出した音と空気に向かい合って、詞を考える。自分自身が思っていることっていうか。この2年間、色んな人と出会って、別れて、自分は人に気持ちを伝えるのがうまくない人間なんだ、それでヤキモキしたし、されてたんだなってことに気付いた。それを一個一個ヒモといていく中で、音楽に呼ばれて歌詞が出てきたんです。
エキサイト:それってすごくいい作り方だね。言葉はスラスラ出てきたの?
海北:言葉のストックがあるんです。昔、本でジョン・レノンが言っていたことを読んだんだけど、浮かんだ言葉をメモしてコートの色んなポケットに入れておいて、それを忘れた頃に取り出して、ランダムに並べて曲を作るんだって。僕はすぐに忘れちゃうので、思ったことをあちこちに書いておいて、最後にまとめてみると、自分が何を歌いたいのかが客観的に分かる。
エキサイト:面白いね。関係ないことのようでいて、一人の人間がその時期に思ったことだから、どこかでつながっているのかもしれない。「忘れもの」って曲も楽しかった。
海北:人は忘れたくないって思った時点で忘れているんですよね(笑)。それより“思い出せる存在”っていいなって思う。同じところにはもう戻れないけど、また出会うこともある。あれは最初、「宝物」っていう曲だったんですよ。
エキサイト:えーっ!! 反対の言葉じゃん。
海北:そう。最初は“しまって大事にするもの” のことを書こうと思っていて、メンバーに「それってなんだろう?」って聞いたら、源ちゃん(ds/大岡)が「宝物」って答えた。で、歌詞を書いていく過程でどんどん変わっていった。“忘れもの”って言葉は、ネガティヴとポジティヴの両面持っていて面白いなと思って。
エキサイト:たしかに両面ある。
海北:明るくも暗くも、人によって違って聴こえるんじゃないですか。
エキサイト:そうやってどんどん曲を変化させながら作っていって見えたアルバムのテーマみたいなものは?
海北:うーん、乱暴に言えば、「そんなにこの世の中って悪いものなのかい?」ってことかな。僕はミュージシャンという特殊な生活をしてるから、少なからず普通の人とは違う場所にいると思っていて。情報に対しての免疫があるし、人よりも考える時間があるからこそ分かることがあると思うんですよ。例えば前に壁があっても、左右を見渡せば道が広がっているかもしれない。もしかしたら、上を向いたら空のほうに道があるかもしれない。そのきっかけや、向こうとする意志を与えられるアルバムになっていると思う。自分も昔、バンドの音楽に気付かされたりしたし。このアルバムは、目的じゃなくて、手段。歌を通じて気持ちを共有することが目的なんです。
エキサイト:その気持ちって、ちょっと苦さが混ざった明るさ?
海北:苦さっていうか、暗いことって悪いことなのかな?っていう。みんなイチかゼロかに片寄り過ぎ。あいまいって、ネガティヴではないと思うんです。
エキサイト:そう考えるようになって、自分が変化したところは?
海北:自分自身を笑えるようになったことかな。
エキサイト:あはは、海北くんらしいね。ありがとう。

⇒CD情報へ
[PR]
by ex_musicmall | 2010-09-29 19:24 | インタビュー
<< LOST IN TIME① 〈... LOST IN TIME③ 〈... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!