エキサイト アーティストモール

★イチオシCD★
DOES
ミニアルバム
「FIVE STUFF」

【初回生産限定盤】
■CD+DVD
KSCL-1812~KSCL-1813 ¥2,100 (tax in)
【通常版】
KSCL-1814 ¥1,785 (tax in)


■収録曲
1.イーグルマン
2.黒い太陽
3.タイニー・パンク
4.欲望
5.トゥデイ

★DOES OFFICIAL MOBILE FAN SITE【DOESMANIA】★

カテゴリ
全体
インタビュー
ライヴレポート
平山雄一のライヴハウス虎の穴
ライヴ情報
リリース情報
その他ニュース
CDレビュー
アーティストモール更新情報
お知らせ
雑記
未分類
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<Podcastインタビュー>
平山雄一の「ライヴハウス虎の穴」

■インタビュー・INDEX
■ライヴレポート・INDEX




ExcitaArtistMallの更新情報、
アーティストのニュースなどを
ツイートしています!
皆さんの好きなバンドも教えて!!
THE NOVEMBERS② 〈2007/11/21掲載〉
e0197970_21402864.jpg

◆THE NOVEMBERS結成の経緯

エキサイト:まずは結成のきっかけから教えて下さい。
小林:僕と高松君は同じ宇都宮出身で、同じ高校で母体となるバンドを軽音楽部とかじゃなくて、ライヴハウスで演ったりしていたんです。最初はハイ・スタンダードやナンバーガールなんかのコピーを演ってましたね。それから少しして、なんとなく曲を作り始めて。とは言え、その頃はまだ本気で活動していたわけでもなくて。きちんと動き始めたのは、高校を卒業してみんながバラバラになってからですね。
高松:当初は僕ら二人+当時のドラマーの3人でやっていたんだけど、1年ぐらい空いている時期があって、その間に小林君が曲を書き溜めていてくれていて。1年後に再会した時には、それらの曲を基に、“本気でバンドを演ろう!!”と。ここからが本当の意味での始まりでしたね。
小林:二人とも大学が東京だったので、都内で活動するようになっていって。吉木とマツモトくん(ケンゴ)とは大学で知り合ってと、そんな具合に、この4人が揃ったのが2005年の10月なんです。
エキサイト:この4人が揃ったのは、何か共通したビジョンがあってのことですよね? 一体どの辺りが共通していたんでしょうか?
ケンゴ:単純に小林君が書く曲が好きだったというところかな。僕が入る前に3人はCDを1枚作っていたんだけど、それを僕は誘われる前から聴いていて。“いいなぁ……”と思っていたぐらいなんですよ。性格的には全員バラバラだし、趣味も違うし。
エキサイト:THE NOVEMBERSというバンド名は、物悲しいサウンドによくマッチしていると思っているのですが、このバンド名はどこから?
小林:1年間の空白の時に、高松君と「バンド名を考えなきゃね」って話していて。メールでバンド名の候補を送りあっていたんです。その時、カレンダーに書いてあったのを目にしてひらめいたんです。字面がカッコよかったし、僕は「THE ●●」という名前にしたかったので。それを高松君にメールしたら「いいと思う」という返事が来て決定しました。結果的にそうなっただけで、特にサウンドの方向性を意識してつけた名前ではないんです。
エキサイト:2006年にデモCDを2作発表していますが、自分たちの音楽を音源化したことで、どんなことを感じましたか?
ケンゴ:足りない部分が分かりましたね。僕が入って4ヶ月ぐらい経って録ったんだけど、「下手クソだな」と(笑)。目指すところはきちんとあったので、“そこに近づけていく作業をしないといけないな……”と感じましたね。
小林:逆に僕は、“ここから始まっていくんだな……”という実感があっただけで。
吉木:僕はこのバンドを始めたぐらいの頃に、ちゃんとドラムを始めたので、ついていくだけで必死で(笑)。
エキサイト:えっ!? バンドに参加するまでは、まったく叩いたことがなかったんですか?
吉木:参加するまでは趣味のレベルで、簡単な8ビートを叩ける程度でしたね。なので、真剣にドラムを始めたのは、バンドに入ってからなんです。だから本当に無我夢中で、ついていくことで精一杯でした。なので、色々と考える余裕なんて、あの段階では無かったな(笑)。
エキサイト:逆に言えば、それだけ吉木さんの心を動かす魅力が、このバンドにはあったと。
吉木:そうですね。デモに入っていた「marble」という曲を、とても気に入っていて。思わず「やります」と口から出てしまいましたからね。
小林:他にもドラムを叩く人間はいたんだけど、その中から吉木君を選んだのは、仲が良くて誘いやすかったというのもあるけど。彼は身長が高くて、手足も長いので、プレイしている姿が視覚的にカッコよかったんです。それに、吉木君以外も特に上手かったというわけでもなかったので、“全員揃って成長していければいいな”と思って。

◆今しか出せない青い部分が詰まった1stミニ・アルバム『THE NOVEMBERS』

エキサイト:11月7日リリースのミニ・アルバムは、全国流通する初めての正式音源となりますね。
小林:そうですね。それにあたり、今回既に発表済みのデモCD等に収録していた4曲を新たに録り直し、未発表曲「バースデイ」「最近あなたの暮らしはどう」の2曲を加えてリリースする形となったんです。この2曲も未発表だっただけで、書いた時期は他の曲とあまり変わらなかったですからね。
エキサイト:あえて既発の曲を録り直したのは?
小林:曲というのは、その時々によって変わるものだし、歌う時に抱く気持ちも変わります。“その時々の気持ちを素直に演奏して作品にしたい”という想いがあって、このような形にしました。
エキサイト:数あるレパートリーの中でこの6曲を選んだテーマや基準というのは?
ケンゴ:初の全国流通音源ということで、これまで僕達がやってきたことが伝わる6曲にしたくて。その想いを抱きつつ選んだ結果ですね。
エキサイト:未発表曲の「バースデイ」と「最近あなたの暮らしはどう」について教えて下さい。
小林:単純に自信がある2曲ということですね。これは後から聴いて思うことなんだけど、曲を聴いた時の質感が一貫しているんです。僕達の曲の中には他にも荒々しい曲や重々しい曲もあるんだけど、この2曲はそういったものではなくて、僕らの上澄みをすくった、わりと一般的に染み込みやすい曲達だと思っていて。今回のミニ・アルバムの曲は、どれも青くて白い曲で。本当は赤い曲もあるんだけど、それを入れると収拾がつかなくなるんで。ライヴでやっているようなハードな曲は、次の機会に出したいと思っています。
エキサイト:歌詞の世界観も、ナイーヴな部分と自虐的な部分が同居する独特なものですが、小林さんが歌詞を通じて表現したいこととは?
小林:姿勢としては“素直に、正直にありたい”というのが根っこにあります。今の時代、心ないものが多かったりするじゃないですか。自分はそこに行ってはいけない、“気高くありたい”なと。客観的に自分が書いた歌詞を並べて見てみると、そういうことを書いているように感じます。
エキサイト:それは例えば、「バースデイ」の<白いシーツが満たす屋上から飛び降りるクラスメイトの罰ゲーム>という箇所のことですよね。“自分はそこに行くべきではない”という。そこには意図したメッセージ性というのはあるんですか?
小林:僕自身はメッセージソングを書こうと思ったことは一度もないんです。メッセージソングを書くって、まず伝えたいことありきだと思っていて。僕は音楽をやるために音楽をやっている。そして歌うのが好きなんで、純粋なまま、偽りのない歌を歌おう、と。もちろん、結果的に主張している部分はあるんだけど、“まず音楽ありき”ということです。
エキサイト:では最後に、ミニ・アルバムで特に聴いてほしいところを教えて下さい。
高松:やっぱり歌ですね。歌をうまく立たせた作品に仕上がっていると思うので。
小林:歌と1枚目ということで、僕らがまだ玄人じゃない感じ、皮が堅くなっていない、今しか出せない青い部分を味わってほしいですね。
吉木:歌以外の部分では、勢いとか一貫したものがあるのを感じ取ってもらえると思います。
ケンゴ:1曲目から6曲目まで、衝動的なものを感じてもらえるアルバムになっていると思います。さらっと聴き流せるようなものでもない部分を、感じ取ってもらえれば嬉しいです。

⇒CD情報へ
[PR]
by ex_musicmall | 2010-09-14 21:42 | インタビュー
<< THE NOVEMBERS① ... THE NOVEMBERS③ ... >>


■QRコード
■アクセスURL
http://eam.excite.co.jp

---------------------------------
■アクセス方法
i-mode
iメニュー→映画/音楽/アーティスト総合→エキサイト☆アーティストモール

EZweb
TOPメニュー→カテゴリ検索→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

Yahoo!ケータイ
メニューリスト→音楽・映画・芸能→音楽情報→エキサイト☆アーティストモール

---------------------------------
<アーティスト>
■ROCK
・OCEANLANE
・sleepy.ab
・DOES
・a flood of circle
・雅-MIYAVI-
 …and more!!

■VISUAL
・アンド
・DELUHI
・PATA(X JAPAN)
・HEATH(X JAPAN)
・Versailles
 …and more!!

■POP
・KG
・ONE☆DRAFT
・AZU
・MEGARYU
・bonobos
・平原綾香
・フルカワミキ
・RSP
・SQUAREHOOD
・PaniCrew
・JULEPS
・GOATBED
 …and more!!